スモールサンニュース中小企業コラム

吉原准教授の中小企業コラム 2021年5月号

「外国人材を成長の原動力に」 山形大学人文社会科学部准教授 吉原元子(中小企業論担当) 1.留学生を積極的に採用する企業 我が国における外国人労働者数は、令和2年10月末現在で1,724,328 人、雇用する事業所数は 267,243 カ所となり、過去最高を更新しました(厚生労働省「外国人雇用状況の届出状況まとめ」より)。そのうち、30人未満の規模の事業所で就労する割合がもっとも多く、中小企業においても外国人材の浸透がみられます。 製造業に従事する外国人材といえば、技能実習生を想像することが多いかもしれません。一方、高度な教育を受けた留学生を長期的な視点から採用して、新事業を開発したり市場を開拓したりする中小企業も存在し...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

ログインIDとパスワードをお持ちの方

会員登録がまだの方

入会案内

ページの先頭へ