スモールサンニュース瀧本智恵のシネマノート

瀧本智恵のシネマ・ノート 2020年11月号

戦車闘争 SAGAMIHARA,YOKOHAMA 1972‐20XX 大切なことは細部に宿る 知られざる100日間の真実 ベトナム戦争が終盤を迎えた1972年。破損したアメリカ軍の戦車が、神奈川県相模原市にある在日米陸軍相模原総合補給廠で修理され、再び戦地へと送り出されていた。それを知り憤った市民が、横浜ノースドッグ手前の村雨橋(横浜市神奈川区)で座り込みを行い、戦車の輸送を阻止。この事件をきっかけに、補給廠の正門(西門)前にテントが立ち並び、抗議活動が始まる。 約100日間に及んだ”闘争“とはどんなものだったのか。当事者やその家族をはじめ、専門家、研究者等総勢54人へのインタビューと記録映像などから、その顛末が明らかになっていく。 群...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

ログインIDとパスワードをお持ちの方

会員登録がまだの方

入会案内

ページの先頭へ