スモールサンニュース瀧本智恵のシネマノート

瀧本智恵のシネマ・ノート 2019年10月号

ジョーカージョーカーでなければ生きられなかった 荒んだ街で 1981年、架空都市ゴッサム・シティ。市の財政が逼迫しゴミが溢れる荒れた街。病身の母と二人暮らしの中年の男、アーサー・フレック(ホアキン・フェニックス)。ピエロのメイクをした大道芸人。今は街角に立つしがない看板担ぎだがコメディアンとして生きるのが夢だ。緊張すると笑いが止められなくなる病気を抱え、役所の支援を受けながら凌ぎを続ける。 ある日、小児病棟への慰問の仕事中にポケットから拳銃を落とし、そのためアーサーは会社をクビになる。失意の帰り道、地下鉄の中で絡んできた酔っ払いのビジネスマンたち3人を発作的に殺害そして逃亡。「容疑者はピエロのお面...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

ログインIDとパスワードをお持ちの方

会員登録がまだの方

入会案内

ページの先頭へ