スモールサンニュース金融マンのひとり言

ひとり言シリーズ2018.2月号

持続可能なビジネスモデルとは? 金融庁は、地方銀行に持続可能なビジネスモデルの構築を促すため、問題のある地銀に対して検査を実施する。 少子高齢化や低金利の長期化により、地銀は伝統的な貸出業務で利益を稼げなくなっており、一部の地銀は有価証券投資やアパート・マンション向けローンなどに傾斜している。 こうした現状を金融庁は問題視しており、ビジネスモデルのぜい弱性が地銀の財務健全性を脅かす事態に発展する前に、課題の多い地銀には早期の経営改革を求める。 金融庁は昨年の「金融レポート」で、2025年3月期には6割を超える地銀で顧客向けサービス業務(貸出・手数料ビジネス)が赤字になるとの試算を公表。 地銀の中...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

ログインIDとパスワードをお持ちの方

会員登録がまだの方

入会案内

ページの先頭へ