スモールサンニュース金融マンのひとり言

金融マンのひとり言 2020年6月号

ポストコロナ まずは資金手当 最低でも1年程度の固定費確保を。 セーフティーネット(保証協会保証付)の融資で無利息かつ最長5年間の据置(元金返済猶予)が受けられます。 この機(間)に見直すこと(変化に耐えうる事業体とは) 『金』『人』『モノ』 金:自社の財務状況・体力 ・内部留保を意識的に確保していたか。 ・資金繰り(キャッシュフロー)は意識されていたか(月次資金繰り表の作成は?)。 ・売上偏重になって(利益ではなく売上に焦点を合わせて)いなかったか ・資本は些少ではなかったか(資本はリスクの緩衝のため) ・節税目的に意図的に利益を圧縮(無駄なキャッシュアウト)していなかったか。 ・損益分岐点を認識して...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

ログインIDとパスワードをお持ちの方

会員登録がまだの方

入会案内

ページの先頭へ