スモールサンニュース金融マンのひとり言

金融マンのひとり言 2019年12月号

桜を見る会・・・空気政権の奢り 以前、取引顧客より『桜を見る会』への参加の誘いを受けました。 “こんな経験はできるものではない”と参加を促されましたが、政治と宗教とスポーツは不介入という考えのもと、お断りをしました。 私の同僚が同様の誘いを受け入れ、婦人同伴で参加した話を最近になって聞きました。 有名人と写真を取り、誘われた方から“遠慮はいらない”と促されるがまま、茶菓子等を袋詰して持ち帰り、同伴婦人は大喜びだったそうです。 税金で賄われていることなどを考えていては、心から楽しめなかったでしょう。 普段、道路を歩きながら、インフラや税金を意識する人はあまりいないと思います。 『当たり前』すぎると意識...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

ログインIDとパスワードをお持ちの方

会員登録がまだの方

入会案内

ページの先頭へ