スモールサンニュース金融マンのひとり言

ひとり言シリーズ 2018年12月号

面従腹背 日産の(元)経営者に対する 高額報酬の非難を煽るかのような 報道が連日あります。 経営者が一般社員の何十倍何百倍もの報酬を受け取ることは正当化されるのでしょうか。 12/5の朝日新聞の耕論で伊那食品工業会長の塚越寛氏はこう言っています。 「いま世界では『お金があれば幸せ』という単純な拝金主義がまかり通っています。 ・・・すべての働く人々の幸せという観点がすっぽり抜け落ちていました。 ・・・経営者が社員の幸せに責任を持つのは当たり前です。・・・ ・・・後世の人々に恥じない社会を作っていくためにもこれからの日本は人間の幸せを真剣に考える経営者を増やしていかねばなりません。」 『組織』とは何だろう ア...

この記事は会員限定です。会員登録すると最後までお読みいただけます。

ログインIDとパスワードをお持ちの方

会員登録がまだの方

入会案内

ページの先頭へ